自社の情報収集に、オープンデータから知りたい情報だけを逃さずチェック


国民の生活に密接に関わることを判断している官公庁。官公庁とはたくさんの公共機関を指しており、各機関によって、国が定めた法令、商品や技術の認定や病院、老人ホームなどの許認可施設の情報など、様々なデータを公布しています。その公布データを起点として業務が動く企業も多いでしょう。

今回は、総務省が掲示する所管法令から自社の業務に関わる特定ワードが関連している時のみその内容を確認したい、という企業のPigDataスクレイピング事例をご紹介します。


総務省のWebサイトには、主に総務省が所管する法令や告示を掲載されていますが、他府省が所管するものを掲載する場合もあります。掲載時期は各法律等が改正された時期なのでとくに決まっておらず、法律や政令、規則等が業務に関わってくる場合、随時チェックしなければなりません。
自分たちに必要な情報が掲載されたときだけ、その内容を確認できれば、毎日の業務を圧迫したり、大切な情報を見逃したりすることもなくなるでしょう。


soumusho

(参照:総務省


スクレイピングを利用すれば、毎日、すべてのページのチェックを行うことができます。
スクレイピングは文字情報や画像、PDFそのものを収集しますが、それに加えてPigDataスクレイピング代行は特定ワードを判断することができます。例えば、「法律第〇〇条」や「△△法」、または「××課」が所管している資料のみ、などその特定ワードがあったときのみお知らせをしてくれる、というシステムを構築することができます。


kankocho_alart


毎日同じWebサイトをチェックすることは、おそらく誰にでもできる作業でしょう。しかし、そのチェック作業にかかる時間はサイトによっては意外と長く、非常に非効率で面倒であるといえます。さらに、人の手で行っていると、必要な情報を見逃す可能性もあるし、営業日以外のチェックを行うことはできません。こういった、小さな作業でありながらミスが発生しやすく面倒な作業こそ自動化がおすすめです。

PigDataスクレイピング代行はWebデータ収集だけではなく、そのデータがどんなデータかを判断し、担当者にアラートを送る自動化システム構築まで行えます。自動化、というとRPAを思い浮かべる人も多いかと思いますが、スクレイピングでもできることがたくさんあります。それぞれの手法にメリット・デメリットがあるので、自動化について悩んでいる時は専門家に相談してみるとよいでしょう。

⇒スクレイピング代行サービスのサービスページはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード