データは新鮮さが命、最新情報だけを選別収集!

今回は投資家をクライアントとしている企業様からご依頼をうけた事例をご紹介します。投資家はなによりも最新の情報を求めています。そのため、企業としても最新の情報収集が求められます。
しかし情報量が膨大な中、最新の情報だけを収集するのは時間も手間もかかり困難です。そこでスクレイピングを活用して素早く正確なデータ収集を実施しました。

今回は投資に関する分析を行うために、最新の学会データを取得しました。学会ではTwitterやニュースよりもいち早く最新の情報が発表されます。その情報を収集することで、最新のワードなどを検知することができます。

今回取得したデータの中で、今まで検出されなかった最新ワードを自然言語解析でピックアップします。最新ワードによってこれから上昇する可能性のある企業を推測することもできるため、この情報をクライアントである投資家へ提供するサービスとして組み込むことができます。

今回ご紹介した事例の企業様は定期的に情報更新が必要な投資家対象のサービスをプロジェクトとして進めていたため、スクレイピングがサービス充実のための要素としてプロジェクトに欠かせない業務のひとつとなりました。スクレイピングによりサービスが充実したことで顧客が増え、より多くの利益を生むことができたと伺っています。

スクレイピングは一度設定をすると、取得しているWebサイトの構造が変わらない限り半永久的に最新データをチェックし続けることができます。定期業務でWebデータ収集を行いたい場合はPigDataにご相談ください。

お問い合わせ・資料ダウンロード