SNSを分析して炎上対策・リスク管理


「〇〇が炎上」というのを見かけませんか?これは火事というわけではなく、インターネット上で批判や誹謗中傷が拡散する事態のことをいいます。会社や自社製品が炎上したらすぐにでも知り、対策をしたいと思うでしょう。また、それを元に業務や製品企画を見直すこともできます。
今回は、リアルタイムなリスク管理が難しく困っている、SNSで起こる炎上を早く検知したい、という業務改善担当者から受けたPigDataスクレイピング事例をご紹介します。


消費者はSNSや掲示板サイトでさまざまなことを特定企業や特定商品について発信します。時にはポジティブな、時にはネガティブな意見を。そのネガティブな意見が拡散されたとき、または多くの人が便乗して同様のネガティブな意見が発信されたときが「炎上」という状態です。
掲示板サイトは特定箇所に意見がまとまっているため炎上検知しやすいですが、SNSはリアルタイムで流れ続けるため追っていくことが難しいでしょう。SNSデータを取得し、炎上検知することがリスク管理においてポイントとなります。


例えば、Twitterデータから自社のリスク管理を行います。
スクレイピングを活用すれば、Twitterのようにリアルタイムで流れ続けるデータもすべて取得することができます。自社名で絞り込む、という取得条件を入れてスクレイピングをすれば、それに関するツイートすべてを収集できます。


twitter
data


収集したデータをポジネガ判定AIで分類することで、どのくらい、どんなネガティブな発信がされているかを知ることができます。
このポジネガの度合を点数化することも可能です。
炎上条件を設定すれば、特定の点数に達した時のみ通知をすることができるため、リアルタイムでリスク管理をすることができます。


negativealart


このように、スクレイピングを用いるとリスク管理を自動化することができます。
もちろん、スクレイピングでデータを取得するだけではなく、ポジネガを判定する「分析」まで必要にはなりますが、PigDataスクレイピング代行では、分析からレポートをつくり、リスク管理から業務改善の指標づくりまで一貫して自動化することもできます。
自社データだけではなく、SNSデータも用いてリスク管理をしている企業様も増えています。リスク管理・業務改善担当になったとき、SNSデータも利用してみましょう。

お問い合わせ・資料ダウンロード